MENU

家庭用脱毛器の安全性について

 

脱毛サロンに行かなくても自宅で脱毛が出来るとあって、流行りの家庭用脱毛器ですが、気になるのはその『安全性』。
使い方によっては確かに肌トラブルになることもあるようです。
まずは安全性の前に家庭用脱毛器について簡単に説明していきます。

 

家庭用脱毛器の種類

家庭用脱毛器と一言で言っても種類がいくつかあります。
代表的な脱毛器の種類を挙げていきます。

 

レーザー脱毛器

強い光のレーザーを皮膚に照射することで、毛の黒い部分のみに反応しその熱で毛母細胞を破壊します。
この為、医療用のレーザー脱毛では特に『永久脱毛』と認定される方式です。
家庭用では、安全性の為に出力を抑え気味なのが多いのと、後述する光脱毛器に比べると市場に出回っている数が少ないのが特徴。

 

熱線式脱毛器

サーミコン式とも呼ばれる脱毛器ですが、熱によってムダ毛を溶かしてカットする方法です。
この方法は毛を溶かすので毛の断面図がカミソリより優しいのが特徴。
ただし永久脱毛効果は、ほぼ見込めないので注意。

 

光脱毛器

現在市場で最も多くの種類の製品が出回っているタイプの脱毛器です。
フラッシュ脱毛とも呼ばれています。

 

レーザーと同じく光をあてて、毛根の奥の毛母細胞を破壊する方式です。
光脱毛の特徴は出力が弱い為、痛みが少なく肌に優しいことです。
また家庭用脱毛器ならではの利点である、回数を多く照射できるという点がメリットです。
使い続けることで永久脱毛効果も期待できます。

 

泡脱毛方式

ボディーソープ等で肌を泡立たせてから使用する方式で、簡単に説明するとムダ毛を優しく抜いてあげる方式です。
これも永久脱毛効果は、ほぼ見込めません。

 

種類別の安全性

レーザー脱毛器

出力が強く、肌が弱い人は火傷リスクが生じることも。
ただし、家庭用のレーザー脱毛器ではその点を注意し、出力が弱めに設定されている物が多い。

 

熱線式脱毛器

熱で毛を溶かすので、場合によっては熱さを感じることも。
角度や使い方を間違わないように注意が必要。

 

光脱毛器

レーザーより出力が弱く安全性が高いとされている。
ただし、火傷リスクは0ではありません。

 

脱毛器によっては出力を何段階か調整することができます。
初めて使用する時はデリケートな部分は避け、テスト用に目立たない箇所で試してみましょう。

 

泡脱毛方式

入浴時等の毛が柔らかくなった時に使用しますが、
肌質とタイミングによっては、脱毛時に無理矢理に毛を抜くことになるので肌が痛みがちです。
この場合も充分に注意して使用しましょう。

 

家庭用脱毛器はこんな方には向いていません。

最後に脱毛器全般として使用を控えるべきという人を挙げていきます。

  • 皮膚疾患のある人
  • 日焼けしている人
  • タトゥーがある人
  • 産毛を脱毛したい人

このような方には、どの方式の家庭用脱毛器でも効果が無いばかりか、肌トラブルが起こる可能性があるので使用を控えましょう。

関連ページ

埋没毛の原因と処理方法(取り方、治し方)まとめ
埋没毛は、なぜ出来るのか?またその処理方法でベストなものは何?
後悔する前に知っておきたい!毛抜き脱毛の効果とデメリット
毛抜き脱毛は結論としては、あまりオススメできません。長い目で見るとやはりデメリットが勝ってしまいます。オススメできない理由をまとめてみます。
アンダーヘアを脱毛器で脱毛したい!市販でおすすめは?
アンダーヘアの脱毛で、現在人気なのが家庭用脱毛器です。どの脱毛器がアンダーヘアの脱毛におススメなのかを検証していきます。
VIO脱毛をする前に知っておきたい!VIO脱毛後の大後悔特集
VIO脱毛をする前に知っておけばよかったVIO脱毛後の大後悔特集!VIO脱毛をしなけりゃよかったとならないために要チェック!
女性のアンダーヘアの処理でおすすめはサロンでの脱毛?セルフ処理?
女性のアンダーヘアを処理する方法は大きく分けて2つあります。シェーバーなどを使ったセルフ処理と 脱毛サロンでの処理。どちらにもメリット・デメリットがあります。
人には聞けないVIO脱毛のおすすめの形と男性の好きな形
人には聞けないVIO脱毛のおすすめの形と、男性のVIO脱毛に関する気持ちをご紹介します!
ワキのレーザー脱毛でワキの臭いも解消できるのか?
ワキのレーザー脱毛をした結果、ワキの臭いが解消されるのかについてですが、実はこの問いに関しては2つの相反する意見が見られます。