MENU

埋没毛の原因と処理方法(取り方、治し方)まとめ

 

埋没毛とは

埋没毛とは、伸びて表面に出てくるはずの毛が、皮膚内で成長してしまうこと。
表面から見てもうっすら黒く、肌色によっては青く見えてしまいます。

 

埋没毛はナゼできるの?

埋没毛ができる理由は主に『自己処理』での失敗です。

 

よくあるのが、

  • 毛抜きによる脱毛
  • カミソリによる剃毛、深剃り

いずれも皮膚を傷つけて、毛穴を塞いでしまうことから起こります。

 

毛抜きによる脱毛やカミソリによる剃毛は、優しく処理することで、
埋没毛を減らすことは出来ますが完全に無くすことは出来ないと考えて良いでしょう。

 

埋没毛のデメリット

埋没毛のデメリットは、皮膚内で成長したムダ毛が原因で炎症を起こしてしまうことです。
炎症時の見た目がよろしくないばかりか、後でシミになってしまうことがあります。
また、埋没毛自体が黒く、青く見えてしまうので美的にも良くないですね。

 

埋没毛の処理方法

針で引っ張り出す

出来てしまった埋没毛に関しては、針等で埋没した毛を引っ張り出す方法があります。
その際は、新たな炎症の元にもなるのできちんと消毒して行いましょう。

 

尚、肌の深い位置にある埋没毛は針で取り出しづらく、
取り出せても肌を傷つける恐れがあるので無理はしないようにしましょう。

 

肌の角質を落とす

比較的浅い位置にある埋没毛であれば、スクラブ用の洗顔料等で
肌の角質を落とすことで結果的に埋没毛が表面に現れることがあります。

 

家庭用脱毛器を使う

この場合の脱毛器とは光脱毛器のことです。
光が埋没毛に効き、毛根細胞を破壊し脱毛効果が見込めるので
次に同じ毛根から毛が生えてこなくなる可能性があります。

 

ただし、脱毛効果はエステやクリニックに比べると落ちるのが特徴。
その分、好きなだけ定期的に照射できるというメリットもあります。

 

脱毛エステ

脱毛エステの多くは『光脱毛器』を採用しています。
エステの光脱毛器は家庭用に比べ出力が高いのでより高い脱毛効果を期待できます。
また、肌のケア等の技術が優れているので炎症を防ぎ、よりキレイな仕上がりを期待できるでしょう。

 

脱毛クリニック

脱毛クリニックによる脱毛は医療レーザー脱毛がメインです。
これは埋没毛の処理方法として最も確実な方法の1つです。

 

エステの光脱毛に比べて出力が高く、より強い脱毛効果が期待できます。
そして一度脱毛が完了した箇所からは埋没毛が出来なくなります。
※100%出来なくなるわけではありません。

 

また、医師による脱毛なので安全、安心して行うことが出来ます。

 

埋没毛の処理方法まとめ

埋没毛は自己処理をしても、その時は処理できるかもしれませんが、いずれまた埋没毛ができます。

 

やはり完全に埋没毛の処理をしようと思うと、永久脱毛かそれに準ずる脱毛をしなくてはなりません。

  • 家庭用脱毛器
  • 脱毛エステ
  • 脱毛クリニック

のいずれかの方法で脱毛効果は期待できます。

関連ページ

家庭用脱毛器は危険?それとも安全?
自宅で脱毛が出来るとあって、人気の家庭用脱毛器ですが、気になるのはその『安全性』。使い方によっては確かに肌トラブルになることもあるようです。
後悔する前に知っておきたい!毛抜き脱毛の効果とデメリット
毛抜き脱毛は結論としては、あまりオススメできません。長い目で見るとやはりデメリットが勝ってしまいます。オススメできない理由をまとめてみます。
アンダーヘアを脱毛器で脱毛したい!市販でおすすめは?
アンダーヘアの脱毛で、現在人気なのが家庭用脱毛器です。どの脱毛器がアンダーヘアの脱毛におススメなのかを検証していきます。
VIO脱毛をする前に知っておきたい!VIO脱毛後の大後悔特集
VIO脱毛をする前に知っておけばよかったVIO脱毛後の大後悔特集!VIO脱毛をしなけりゃよかったとならないために要チェック!
女性のアンダーヘアの処理でおすすめはサロンでの脱毛?セルフ処理?
女性のアンダーヘアを処理する方法は大きく分けて2つあります。シェーバーなどを使ったセルフ処理と 脱毛サロンでの処理。どちらにもメリット・デメリットがあります。
人には聞けないVIO脱毛のおすすめの形と男性の好きな形
人には聞けないVIO脱毛のおすすめの形と、男性のVIO脱毛に関する気持ちをご紹介します!
ワキのレーザー脱毛でワキの臭いも解消できるのか?
ワキのレーザー脱毛をした結果、ワキの臭いが解消されるのかについてですが、実はこの問いに関しては2つの相反する意見が見られます。